頑張れば年収アップも夢じゃないタクシードライバーになろう

Find Job

会社の見極め方

タクシードライバー

タクシーの求人募集は数多くありますが、よい会社を見極めることで働きやすさが変わってきます。よい会社とは福利厚生がしっかりしており、稼働率や平均売り上げがよい会社です。特に事故時の保障についてはチェックしておきましょう。

労働と給料

模型

ドライバー求人は多数の種類がありますが、トラックがメインです。これから求人に応募する人は休みや給料だけでなく、エリアやどんな物を運んでいるのか、他に必要なスキルも合わせてチェックしておきましょう。運転だけではないのがドライバーの仕事です。

乗客を乗せて走らせる仕事

運転席

タクシー運転手は、誰でもできる仕事で全国各地で人材募集されています。タクシー運転手になる前に知っておくことは、必要である普通自動車第二種免許を会社でサポートしてくれることです。平均年収は300万、都内は400万で、給料形態は完全固定給制と歩合制があります。歩合率と努力次第で年収アップも可能です。

ドライバーの求人

ハンドルを持つ男性

効率よく動くことが大事

タクシードライバーの求人数は東京都内が一番多く人気も高いです。東京に人口が集まること、また深夜の時間帯から早朝でもタクシーを利用する人が多いことで地方よりも必然的に人を乗せる回数も多くなります。タクシーの求人における審査や試験内容はタクシー会社によって異なります。軽い筆記試験から地理試験など濃淡の差があるので事前に調べておくと安心です。健康診断や適性検査はどこの会社でも実施され、持病など健康に自信がない人は採用されない場合もあります。東京のタクシードライバーの年収は300万から800万と幅広く、一概にいえません。給料は完全歩合制のため、自分の頑張り度でどんどん上がります。ですがただ頑張るだけでなく、どの時間帯にどの場所で人がタクシーを利用する頻度が高くなるのかなど常に計算して動かなければいけません。同じエリアだけをぐるぐると回っているか、常にいろんなエリアに行き効率よく回れるかが給料に差が出るようです。地方では難しいかもしれませんが、東京であれば比較的計算がしやすい場所といえます。資格は第二種普通免許以外には学歴も必要ありませんが、いかに効率良く回れるようになるかは経験や分析次第と言えます。朝の通勤ラッシュ、帰宅ラッシュの時間帯だけでなく、それぞれの場所で回転率が速い時間帯を調べておくなど努力も必要です。タクシー会社の休日も平均月に17日と多いので休めることも人気のひとつです。ただ会社によって職場の環境もまったく違うので調べておきましょう。