頑張れば年収アップも夢じゃないタクシードライバーになろう

男女
  1. ホーム
  2. 乗客を乗せて走らせる仕事

乗客を乗せて走らせる仕事

運転席

職業に就く前に知っておく

転職や定年後の職業として人気となっているタクシー運転手は、誰でもできる仕事となっています。そのため、前職に関係なく多くの方が働いています。しかも、タクシー運転手の業務は全国各地にあるため、どこに住んでいても仕事に就くことができるのです。現在では、人材不足も伴っているため多くの会社で求人を出しているのが現状です。そこで、これからタクシー運転手を目指そうとしている方に、知っておくべき情報があるので、是非参考にすることをおすすめします。まずは、タクシー運転手になるには普通自動車第二種免許が必要となります。また、取得するには普通自動車第一種運転免許を取得して3年以上の経過が条件です。そのため、求人の応募資格が一種免許取得後3年以上の条件付きですが、ほとんどの会社で二種免許のサポートを行われています。また、給料形態はほとんどの会社で固定給と歩合制を導入されていますが、中には完全固定給制を導入している会社もあります。毎月安定した給料が欲しい方は、完全固定給制の会社を選ぶのがよいでしょう。年収アップを常に望んでいる方は、歩合制の会社を選ぶのがおすすめです。また、歩合制の場合、会社によって歩合率が変わっているのが特徴で、低いところでは40%台、多いところでは70%台と幅も大きくなっています。平均では60%前後の歩合率なので、これを目安に探してみることも大切です。タクシー運転手は、地域の特性や情報力を知り、効率よく走らせることで誰でも年収アップする職業なので、このようなことも参考にして会社選びをしてみてください。